マイソールクラスって何?

一般的なヨガのクラスと違ってアシュタンガヨガのマイソールクラスは先生が生徒さんの前でポーズのお手本を見せてクラスを進めません。先生がお手本を見せるときもありますが、生徒さんに新しいポーズを教える時くらいです。 生徒さんが先生のお手本を見て一斉に一緒に練習するクラスではありません。 アシュタンガヨガの練習はポーズの順番がすべて決まっているので生徒さん1人1人がそれぞれ先生に練習することを教えられたポーズまでを自主的に練習します。

もっとわかりやすく言うと学習塾の個別指導のように、公文式学習のように1人1人が先生に与えられた課題を自分のペースで練習するクラスです。 次の新しいポーズを生徒さんに与えるタイミングは先生が生徒さんの体の状態や練習の頻度、練習歴、練習の状態によって個別に判断して決めます。 生徒さんは先生から次のポーズを与えられるまでは自分で勝手に判断して次のポーズを練習することはできません。

スタジオでは何人かの生徒さんが同時に練習していますが、どこまでのポーズを練習するかは人それぞれなのでグループクラスの環境でも指導は全くのマンツーマン指導で練習を進めていきます。

アシュタンガヨガの練習の最も核となる練習はこのマイソールクラスでの練習となります。 個別指導で自主的に練習していくことで練習中はそれぞれのペースで瞑想的な練習になっていきます。

 

 

レッドクラス(LEDクラス)って何?

このクラスも先生は生徒さんの前に出てお手本を見せるわけではありません。 マイソールクラスで先生に練習することを教えられたポーズまでを先生のカウントに合わせて練習します。  息を吸うときにどう動いて吐く時にどう動くのかアシュタンガヨガの練習では決まっています。 マイソールクラスで普段練習していてもご自分の得意なところは呼吸を長めにしたり、苦手なところは呼吸が浅くなったり止まっていたりするので練習生は無意識についた自分の癖を修正するため、どこで呼吸を吸い、吐くのか確認するためのクラスです。

レッドクラスは全く初めての生徒さんが練習するには向いていません。 マイソールクラスでの練習にある程度慣れてきた方のためのクラスです

*プライマリーシリーズの全部をカウントするのがフルプライマリーLED、 半分までのカウントをするのがハーフプライマリーLEDと呼びます

 

ビギナークラスって何?

アシュタンガヨガの練習ではマイソールクラスで個別指導で練習を始めることが最も伝統的な練習の進め方ですが、 最初から自主的に練習をしていくとか、ポーズの順番を覚えられるか不安、という方のために先生の解説を多くしてクラスを進めていくのがビギナークラスと呼ばれています。 マイソールクラスで全く初めての生徒さんがたくさんいらっしゃるとアシュタンガヨガの練習ってどのように進めていくのか、とか呼吸の仕方、とか説明が多くなるので全く初めての生徒さんに対応できる人数にも制限があります。 ビギナークラスでは全く初めて練習をする方や久しぶりに練習を再開される方も不安なく練習に取り組んでいただけるクラスになります。

 

 

先生からポーズをもらう??

マイソールクラスではポーズを先生から「もらう」という表現をよく使います。アシュタンガヨガの練習ではすべてのポーズの順番が決まっていますが、次のポーズへ進むタイミングは先生が決めます。 生徒さんが次のステップに進む準備ができたと先生が判断したときに先生は生徒に次のポーズを練習することを許可することを「ポーズをもらう」と言います。 生徒は自己判断で勝手にポーズを次に進むことは伝統的なアシュタンガヨガの練習では良しとしていません。

 

シャラって?

練習している道場、ヨガスタジオのことを言います。 サンスクリット語で学校という意味があります。 アシュタンガヨガの練習生は自分達が練習している練習場場所のことをシャラと呼びます。

 

プライマリーシリーズって?

アシュタンガヨガの練習はポーズの順番がすべて決まっていますが、ポーズの順番の一連の流れでシリーズと呼ばれるポーズの一連の流れがあり、全部で6つあるシリーズのうち、最初の1つがプライマリーシリーズと呼ばれています。

プライマリーシリーズはどんなに上級のシリーズを練習している生徒であっても必ず週1回は練習することを勧められているとても大事なシリーズです。プライマリーシリーズは別名ヨーガチキッツァ、ヨーガセラピーとも呼ばれていて様々な身体的精神的不調を癒す効果があると言われています

ヨガ教室検索はYOGA ROOM ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation ヨガ教室検索はYogaStation