マイソール練習日記2017 Part:41

火曜日のレッドクラスの後、友達と朝ごはんを食べに行き、 その後マイソールシティーへ。 トラベラーズチェックを両替しに行く、というので、 はじめは 私の米ドルも一緒にしてきてくれる、というのでお願いしようと思っていたけど、 午前中の用事がなくなったので ついて行った。 その後 市場に行ったり 色々お買い物をして 私は 解剖学のクラスがあるので先に帰ってきた。

昼遅くにスーパーで買ったパンを食べ、クラスに行き、夜はフルーツだけの晩御飯にして就寝。  夜から また激しい下痢が始まった。

何回も何回もトイレに目が覚めた。それでも朝は 練習に行った。

昨日の練習場所はシャラの真ん中の奥のほう。 一番外の風が入ってきにくい暑い場所だ。 大量の汗を掻きながら練習し、最後のドロップバッグを3回して 3回目から 異様に喉の渇きを感じ、 アシスタントの男性がアジャストに来てくれたものの、一回 ハーフのドロップバッグしただけで めまいと吐き気に襲われた。

思わず、 気持ち悪い。  辞めてもいい?

と話しかけ、 彼は 困惑した表情で 軽く優しくするからしよう、 と言って2回目をしようとしたけど  再び吐き気に襲われ 

無理!

と言って 座りこんだ。  パスチモッタナアサナをして チェンジングルームに移動し 練習を終えた。

今から考えると あれは下痢で水分が大量に失われているところに大量の汗をかいて 脱水症状を起こしていたのだと思う。

家に帰ってきて 体温を測ると37.7度。  

今までの症状より 一番酷いので さすがに病院に行くことにした。

マイソールに通いだしてから 何度もお世話になっている アジア コロンビア病院へ。

救急外来を訪ね、ドクターに会い、症状を話すと、 1ヶ月も続いてる下痢ということなら ちゃんと検査をしたほうがいいので、 内科に行って。 と言われ 内科に回され、 ドクターがくるまで 1時間近く待たされた。

先に身長、体重、血圧、脈拍と測らされたけど、服をきた状態でも すでに日本にいる時より3キロ体重が減ってた。

やっとドクターに診察してもらい、 血液検査と便検査をしましょう、ということになった。

血液を抜かれ、 検便の容器をもらったものの、病院では どうしても 下痢なのに できず、 

あ、何か食べたら 出るかな、と思って 卵サンドを食べ、パイナップルジュースを飲んだ。

でも結局でず、 反対に 気持ち悪くなり 上から全部吐いてしまった。

血液検査の判定を聞きにドクターに会うと 細菌性胃腸炎だと言われ、 脱水症状もあるから 水分と抗生剤の点滴をしましょう、ということになった。

緊急外来に行くように、と言われ、言ったら先に薬局に行って薬を買ってこい、と言われ、 もう 熱でフラフラなのに 病院内を移動し、 薬と点滴剤を購入し、緊急外来で点滴してもらった。

ベッドに寝かせてもらい 点滴する間は 寝たというか、意識を失ったというか、

本当にボロボロの状態で 看護師さんに

とても気分悪そうだけど、付き添いの人はいないの? と聞かれる始末。 待っている間に感じたのは みんな 病人には家族が付き添っていて 1人で来ているのは 私ぐらいだったのだ。

点滴が終わり、家に帰ると 熱がどんどん上がって39.31度まで一時なった。

細菌と体が闘っているんだなぁと思ったけど、 インドで1人ぼっちで 39度オーバーって。。。と 熱にうなされながら  私は 何しにここにいるんだろう、と思った。

2月23日くらいから下痢が始まって、今日は3月16日。

一瞬 治った! と思っても再び下痢、な状態で、 体重がどんどん減っている。

ホームシックにかかった時や あんまり精神的に良くない時に 決まって 症状が 悪化する。

先月の3週間目くらいまでは 体調も良くて 練習も 練習後の生活も楽しめていたのになぁ〜、、、

なんて事を考えては 眠りに落ち、目が覚めては トイレに行き、水分補給し、 とするうちに朝がきた。

朝になって体温を測ると平熱よりちょっと高めくらいまで熱が下がってた。

でもさすがに 練習は休んだ。  練習に行く気になれなかった。

朝はシャワーを浴びて 薬を飲むために バナナを一本食べたけど、 また気持ち悪くて 吐いた。

今んとこ、水は受付けるし 朝飲んだパイナップルジュースもはかずに済んだ 。

固形物はまだダメみたいだ。。
午後の解剖学のクラスは出たいなぁ。。

出れますように。

熱でフラフラだったくせに病院の写真撮影。

とても綺麗な病院です。

ヨガ教室検索はYOGA ROOM ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation ヨガ教室検索はYogaStation