ヨーガ療法について

インド 町風景

ヨーガ療法は、1920年代に、インド・マハラシュトラ州ロナワラ市に設立されたカイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所で伝統的ヨーガの科学的な研究が開始されました。

伝統的ヨーガの技法や智慧を研究し、それに改良を加えることによって、一般の人間や疾患を持つものでも行うことができるように作られたものがヨーガ療法です。

インドではその後、8校の“ヨーガと自然療法医科大学”をはじめ、30校を越える大学にヨーガ学科が設置されています。その内の1つであるスワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団の教育部門は、2002年 5月にインド中央政府よりヨーガ大学院大学として認定され、修士号、博士号が取得出来るようになりました。

また同財団では、バンガロール市郊外に西洋医も常駐するヨーガ療法治療施設( プラシャンティ・クティラム)を持ち、年間1万人を越える心身症患者にヨーガ療法を指導しています。

ヨーガ療法は、肉体は勿論、精神的、社会的、スピリチュアル/宗教的健やかさを実現できる統合的人間教育法になっています。

ヨーガセラピー(シニアヨガ、ヨーガセラピー)クラスではこのヨーガ療法の手法を基にしたyogaクラスを実施します。 療法という名前から精神的肉体的疾患を抱えている人のみが対象かのように思いがちですが、どなたでもご参加いただけるクラスにしています。

アシュタンガヨーガクラスではポーズの練習自体は日本ヨーガニケタンが指導するヨーガ療法のアーサナ(ポーズ)の練習そのままではありませんが、ヨーガ療法の智慧を生かしています。またアシュタンガヨーガのプライマリーシリーズは別名:ヨーガチキッツァ「ヨーガセラピー」と言われていて適格な方法で実践すると心身ともに健康に導いてくれるものと言われています。

ヨーガ療法を行うことにより、ストレスへの耐性が高まったり、ストレスに起因する様々な不調が改善されることが多くの症例によって報告されています。

厚生労働省「統合医療」情報発信サイト

*この記事は一般社団法人日本ヨーガ療法学会のWEBページから一部参照させていただいています

ヨガ教室検索はYOGA ROOM ヨガの情報サイトはヨガジェネレーション/yoga generation ヨガ教室検索はYogaStation